韓国語の発音 韓国語の文法 基本的な表現をおぼえよう あんちょこハングル 韓国語をもっと知ろう 韓国語の学び方

韓国語 簡単講座

韓国語の発音

リエゾン

リエゾンとはフランス語で通常は発音されない子音が次ぎに続く母音と組み合わさって発音される音のことです。連音とも言います。韓国語の場合もこのリエゾンが存在します。母音と子音、パッチムの関係性が理解できれば単語や文章が発音できるようになりますが、中には発音のしづらいときや無音子音などがある場合にリエゾンを使うことがあります。では例をあげてみて見ましょう。

「???」これは韓国人と言う意味ですが、これまで勉強してきた発音法に従って発音すると「ハングクイン」となります。しかし、韓国を意味する単語「??」はパッチム「?」で終わっていますね。更に人を意味する単語「?」は無音子音の「?」で始まっています。

このような場合は無音子音の「?」を取り、韓国を表す単語の最後のパッチム「?」と母音「?」がくっつくような形で発音します。したがって正しく発音すると「ハングギン」となるのです。同じような例として「???(金曜日)」は 「?」を取って「?」と「?」がくっつき「クミョイル」、「??(歓迎)」は 「?」が取れ「?」と「?」がくっつき「ファニョン」と発音します。

パッチム+「?」の場合も同様に「?」が取れてパッチムと母音とがくっつきます。例えば「?? (信号)」は「?」が取れて「?」と「?」がくっつき「シノ」と発音します。また発音を規則どおりに発音すると非常に発音しにくい場合もあります。

そんな時は発音しやすい形に変化させます。次に挙げる例ではパッチムと子音の組み合わせでは発音が変化する例です。パッチム「?」のあとの「?」は「?」が「?」の発音に変わります。またパッチム「?」のあとに「?」が続く場合は「?」が「?」の発音に変わります。この他にも様々なケースがありますので適宜覚えていく必要があります。

Copyright (C) 韓国語 簡単講座 All Rights Reserved